« 初夏 | Main | Corned beef »

03/16/2010

Comments

.

椎名エッセイでも同じような事読んだ記憶があります

ヤギのギーってところからかなりディープですよね

これはベースがstraus なんで入門編かもしれませんね

ニッキー

ギーってクラリファイドバターのことですね。

タンパク質がとんでるから、焦げなくていいって聞いたんですが、面どくて作ったこと無かったんですけ。 買えるんですね。

北杜夫さんのカラコルム遠征のエッセイの中で、地元のコックさんが遠征隊に同行してて、ギーを入れすぎて参ったということが書いてありました。 彼らはヤギのギー使ってて、それがしつこくて日本人のお腹にはもたれ気味になるんだそうで。 牛のギーはそんなこと無いみたいなのに。 面白いですね。

The comments to this entry are closed.