« Sadaharu AOKI | Main | CONRAD »

12/19/2006

Comments

中華の喧騒も楽しいですよね 怒号みなたいなときもありますが 笑 食器触れ合う音も大きくて 

台北のナガノ

Bayareaさんの詩的な表現には、いろいろ気付かされます。
サラリーマンの、聞いた事あるよなフレーズ、そんな喧噪にひたって
食べてみたい。。
最後の金目鯛、ぷりっとしつつも、きっとホロっとして旨いんでしょうね。

The comments to this entry are closed.